2018年1月17日(水)

不動産投信、市場拡大に陰り 物件高騰で取得額25%減

2018/1/13 19:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 成長を続けてきた不動産投資信託(REIT)市場に、減速の兆しが強まってきた。2017年の物件取得額は約1兆8000億円で前年に比べ25%減ったもよう。不動産の大幅な価格上昇で、物件を取得しにくくなったためだ。投資家の間で高値警戒感が強まってきた。

 みずほ信託銀行系の都市未来総合研究所の調べでは、17年は上場分のREITだけで物件取得額が約1.4兆円と、前年から2割減った。日銀の異次元緩和が導入さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報