/

この記事は会員限定です

CESに氾濫する「プラットフォーム」

トヨタの勝敗決める最後の「1%」

[有料会員限定]

世界最大の家電見本市「CES」が12日、閉幕した。今年、会場で何度も耳にした言葉が「プラットフォーム(基盤)」だった。例えばトヨタ自動車は車を使ったサービスのプラットフォームを打ち出した。家電から車まで次の土台技術の取り合い競争は過熱気味だが、何が真の基盤かはユーザーが決めること。「自称プラットフォーム」の氾濫は危うさ含みだ。

「我々はモビリティサービスのプラットフォームを目指している」。CESの場で、トヨタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン