2018年10月17日(水)

サッカー

マンU、きめ細かなサポートで日本企業キープ

2018/1/12 23:30
保存
共有
印刷
その他

サッカー・イングランドリーグ1部のマンチェスター・ユナイテッドが、きめ細かなサポート体制で日本のスポンサー企業の満足度を高めている。クラブ職員を相手の社内会議にまで送り込み、スポンサーの権利を活用したイベントなどを提案。日本代表MF香川真司が去った今も日本企業をつなぎ留め、世界最多の収入を稼いでいる。

2016年、タイでヒット商品が生まれた。農業機械大手ヤンマーのトラクターでマンUのロゴをあしらった限定モデル。1台数百万円なのに3千台分が完売した。マンUは本拠地オールドトラフォードの芝の管理にも採用。PRに協力する。

同社の世界での認知度は12年の9%から17年には23%に上昇。東南アジアでは48%に達する。「我々のターゲットの市場でのマンUの認知度は非常に魅力的。我々の認知度向上に大きく寄与した。他チームにここまでの人気はない」。窪田弘美執行役員は強調する。

マンUとの縁は香川がドルトムント(ドイツ)から加入した12年に始まった。全世界を対象にしたグローバルパートナーとしてディーゼルエンジンの分野で契約。14年に分野を農機にも広げ、16年にも契約を更新した。

塗料大手の関西ペイントも12年からグローバルパートナーを続ける。ベトナムでの一般参加のサッカー大会は200人のメディアが取材。一大ニュースになった。オールドトラフォードの通路も同社の製品で塗装。マンUは年間数百万人のスタジアムツアーの観客に「これは関西ペイントの塗料です」とPRする。

「BtoC(一般消費者向け)に力を入れ、海外の売上高比率が50%を超えようというタイミングで、マンUにブランドの浸透度を引き上げてもらった」。妹尾潤・取締役常務執行役員は話す。

日本とミャンマーの地域限定のスポンサーとなっているのが健康食品販売などの万田発酵(広島県尾道市)。経済発展の遅れるミャンマー南部でサッカー教室を開催。子供300人に靴を与え、マンUのコーチが指導する。地道な貢献が同国政府に認められ、同社の農業資材は国内唯一の推奨商品に指定された。「農民のために本気で取り組んでいるのを政府が見てくれたのだと思う」と岩田卓士取締役は話す。

マンUの15~16年シーズンの収入はサッカー界トップの5億1500万ポンド(約780億円)。スポンサー収入は1億6000万ポンド(約240億円)で、12~13年シーズンから76%増えた。日本のスポンサーは香川が去った14年に9社だったが、今も5社が継続する。

マンUはスポンサーの営業部門とは別に、契約後の企業をサポートする専門部隊を持つ。日本人も数人在籍。日本企業ともほぼ毎週、電話で会談し、月に1度は直接面会する。時には社内の会議にまで同席して質問攻め。関西ペイントの妹尾氏は「『マンUを使い倒してください』と言われる」と話す。サッカー界でも有数の手厚いサポートが、世界一裕福なクラブの根幹だ。(谷口誠)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

2点目となるPKを決めたフランスのグリーズマン(16日、サンドニ)=AP

 【サンドニ(フランス)=共同】サッカーの欧州ネーションズリーグは16日、各地で行われ、リーグAの1組でワールドカップ(W杯)ロシア大会優勝のフランスはホームでドイツを2―1で下し、2勝1分けの勝ち点 …続き (10:29)

サッカー国際親善試合でウルグアイを破り、サポーターの声援に応える(手前右から)大迫、南野、堂安ら日本イレブン=共同

 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは16日、埼玉スタジアムで行われ、日本がウルグアイを4―3で破った。ワールドカップ(W杯)ロシア大会16強の日本は同8強の古豪から1996年以来の白星 …続き (16日 23:24)

前半、先制のゴールを決める南野

 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは16日、埼玉スタジアムで行われ、日本がウルグアイに4―3で勝った。ワールドカップ(W杯)ロシア大会後、森保監督が就任して以来、日本は国際親善試合3連 …続き (16日 21:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]