2018年12月11日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

暴行事件で角界混乱、「貴の抗戦」生んだ部屋制度

2018/1/13 0:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大相撲初場所が14日に初日を迎える。前売り券は即日完売と人気は相変わらずだが、土俵の外は危うさが残る。元横綱日馬富士による暴行事件は被害者・貴ノ岩の師匠、貴乃花親方(元横綱)の“徹底抗戦"で長期化し、日本相撲協会初となる同親方の理事解任という結末で今後に火種も残した。一般企業の常識がまるで通用しないガバナンス(統治)欠如の一因は、角界独特の部屋制度にもある。

「調査に協力してもらえないか」「お断…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 右膝痛で大相撲九州場所を途中休場した横綱稀勢の里は10日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での稽古を非公開で行い、部屋関係者によると四股などで汗を流したという。東京での稽古再開から1週間が経過した稀勢の …続き (10日 19:55)

 日本相撲協会は8日、大相撲の冬巡業先で元幕内貴ノ岩が付け人を暴行した問題を受け、各部屋の師匠全員を通じて全関取に、付け人についての緊急指導を行うと発表した。「付け人は関取の小間使いではない」「絶対に …続き (8日 22:41)

 大相撲の冬巡業先で付け人に暴力を振るった問題で7日に引退した元幕内貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身=が所属した東京都台東区の千賀ノ浦部屋で8日、朝稽古が行われ、被害者の弟弟 …続き (8日 19:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]