2018年1月22日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

暴行事件で角界混乱、「貴の抗戦」生んだ部屋制度

2018/1/13 0:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大相撲初場所が14日に初日を迎える。前売り券は即日完売と人気は相変わらずだが、土俵の外は危うさが残る。元横綱日馬富士による暴行事件は被害者・貴ノ岩の師匠、貴乃花親方(元横綱)の“徹底抗戦”で長期化し、日本相撲協会初となる同親方の理事解任という結末で今後に火種も残した。一般企業の常識がまるで通用しないガバナンス(統治)欠如の一因は、角界独特の部屋制度にもある。

 「調査に協力してもらえないか」「お断…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 右膝負傷で大相撲初場所6日目の19日から休場していた西前頭10枚目、安美錦(39)=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が10日目(23日)から再出場することが22日、決まった。千代翔馬との対 …続き (12:40)

 日本相撲協会は大相撲初場所9日目の22日、長野県内で3日に自動車を無免許で運転中に追突事故を起こした疑いが発覚した西十両8枚目、大砂嵐(25)の休場を正式発表した。問題を受け、師匠の大嶽親方(元十両 …続き (12:24)

 1月初旬に長野県内で車の運転中に追突事故を起こしたとして、県警に道交法違反容疑で捜査を受けている大相撲の十両大砂嵐(25)について代理人を務める長谷一雄弁護士は、運転を関取自身がしていたことを否定し …続き (11:27更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]