2018年1月19日(金)

恐竜化石、長崎で相次ぎ発見 博物館を計画 観光拠点に
得ダネひとかじり

コラム(地域)
九州・沖縄
2018/1/14 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 長崎市が恐竜ブームに沸いている。2013年度から福井県立恐竜博物館と共同調査を開始、市南部の長崎半島西海岸の約8100万年前(白亜紀後期)の地層「三ツ瀬層」から、ティラノサウルス科の歯やハドロサウルス上科の歯や脚の化石が発見された。市は展示と研究の拠点にしようと恐竜博物館を市南部に建設する計画だ。

 昨年10月、市は新たに恐竜とみられる化石が見つかった現場を報道陣に公開した。ちょうど1年前、調査中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

恐竜博物館宮田和周博物館化石恐竜化石中谷大輔長崎市



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報