2018年10月23日(火)

「伴走型」教訓生かす(住まいは今 阪神大震災23年)
被災者支援、熊本で一助

2018/1/12 21:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年12月、熊本県南阿蘇村が熊本地震(16年4月)で住まいを失った被災者向けに予約制の個別相談会を開いた。不安げな表情で訪れた女性(68)は3人の男性相談員を前に、あふれる涙をぬぐった。

長年住んだ村営住宅が全壊で取り壊しとなり、村が民間賃貸物件を借り上げた「みなし仮設」で暮らす。家賃補助を受けて入居できる2年の期限が18年春に迫る。

相談員は企業経営者ら8人でつくるNPO法人「くまもと災…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報