2018年12月12日(水)

遠隔健診 妊婦守る メロディ・インターナショナル 在宅で安心
フォーカス西日本企業 期待の新星

コラム(地域)
2018/1/13 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

妊婦が在宅のまま産科医の遠隔健診を受けられる。そんな未来を先取りした仕組みを用意するのが医療機器製造のメロディ・インターナショナル(高松市)だ。ICT(情報通信技術)を活用し周産期医療を変えようとしている。妊婦は胎児心拍などのデータを集める小型機器により、遠くの産科医とつながり、異変の予兆把握や出産日の見極めがしやすくなる。

■機器を小型化

ゴッゴッゴッ、ゴッゴッゴッ。大きく膨らんだ女性の腹部に自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報