/

都民提案9件、都の18年度予算案に反映

東京都は12日、都民が提案した9事業を2018年度予算案に盛り込む方針を固めた。子育て支援や防災など6分野で募ったアイデアをインターネット投票で絞り込み、小池百合子知事が査定した。高齢者を保育現場で活用する事業などに計8億5000万円を計上する。

都民による事業提案制度は18年度予算編成で初めて導入した。17年9月末~11月上旬に提案を募集し、255件の応募があった。まず庁内で既存事業との重複や実現可能性などを検討し、候補26件を選定。さらにネット投票などで人気の高かった事業を絞り込み、知事査定にかけていた。

18年度予算編成の知事査定は12日に終了した。一般会計規模は17年度当初予算比1.3%増の7兆460億円になる見通しだ。18年度予算案は26日に発表し、2月に開会する都議会に提出する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン