/

この記事は会員限定です

インド後発薬大手が新薬シフト 2位ルピン、婦人病薬を米国投入

[有料会員限定]

【サンフランシスコ=安西明秀】インドの後発薬大手が新薬へのシフトを進める。2位のルピンは2018年前半に米国で婦人病の治療薬を発売する。3位のシプラも米国で呼吸器疾患薬の臨床試験(治験)を進める。主力市場の米国では薬価引き下げ圧力が強く、特許切れ成分で作る後発薬の収益が悪化しており、新薬で差別化を図る。

米サンフランシスコで11日に閉幕した製薬業界の国際会議「JPモルガン・ヘルスケアカンファレンス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン