2018年4月22日(日)

尖閣の接続水域潜行の潜水艦、中国軍所属を確認
政府

2018/1/12 21:15
保存
共有
印刷
その他

 政府は12日、沖縄県・尖閣諸島の大正島北東の接続水域を11日に潜行した潜水艦が中国軍の所属だと確認した。防衛省によると、中国の潜水艦を尖閣諸島周辺の接続水域で確認したのは初めて。

中国国旗を掲げて航行する潜水艦(防衛省提供)

 海上自衛隊護衛艦「おおよど」と「おおなみ」が12日午後、潜水艦が尖閣諸島北西の東シナ海海上で浮上し、中国国旗を掲揚して航行するのを確認した。護衛艦は11日に潜水艦が潜行してから追跡を続けていた。

 これを受け、外務省の杉山晋輔次官は12日、中国の程永華駐日大使に電話で抗議した。「中国による一方的な現状変更であり、事態の重大なエスカレーションだ」と伝え、再発防止を強く求めた。小野寺五典防衛相も同日、防衛省内で記者団に「深刻に懸念している。警戒監視に万全を期す必要がある」と話した。

 中国側は接続水域に入域した中国海軍の軍艦について「先に入域した海自艦に対処するためだった」と説明していた。外務省関係者は海自艦が潜水艦の警戒監視にあたっていたとして「今回の事態の引き金を引いたのは中国だ」と反論した。

 中国側の意図は明らかになっていない。外務省幹部は「上層部の指示なのか現場の判断なのかを確認したい」と述べ、日中関係改善の流れを阻害することに懸念を示した。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報