/

この記事は会員限定です

死角多きサイバー空間

論説委員長 原田 亮介

国や企業、包括的な対策を

[有料会員限定]

新年がどんな年になるか。地政学に関心を持つ人は、たいていサイバー攻撃の激化を予想の一つに挙げる。日本の官民の備えは十分だろうか。

2017年は、身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」が5月に世界で猛威を振るった。6月にはウクライナで空港や電力会社、通信会社などが大打撃を受ける標的型攻撃が明るみに出た。

「今年も、ランサムウエアのような経済利得を目的とする攻撃が相次ぐでしょう。その中心は北朝鮮です」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1960文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン