2018年1月23日(火)

バルト3国と対話枠組み、首相が提案 日エストニア首脳会談

政治
2018/1/13 0:46
保存
共有
印刷
その他

【タリン=山崎純】欧州歴訪中の安倍晋三首相は12日、エストニアのラタス首相とタリンの首相府で会談した。安倍首相は日本とエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国との間で「日バルト協力対話」を立ち上げることを提案した。

エストニアのラタス首相(右端)と会談する安倍首相(12日、タリン)=共同

 日バルト協力対話は日本とバルト3国の政府関係者や民間の専門家が年1回集まり、サイバーセキュリティーやIT(情報技術)、運輸・物流、医療といったテーマで各国の情報を共有する。

 安倍首相はラタス首相との会談で「ITやサイバー分野をはじめとする幅広い分野での連携を一層強化したい」と述べた。今回の対話の枠組みを通じて、IT先進国として知られるエストニアのサイバー防衛のノウハウを得たい考えだ。安倍首相は13日にラトビア、リトアニアを訪れて、協力対話の立ち上げで合意する。

 安倍首相は北朝鮮についても「北朝鮮は今やタリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威だ。北朝鮮問題をはじめとする国際社会の課題について、緊密に連携していきたい」と述べた。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報