/

この記事は会員限定です

広辞苑、140ページ増えても厚さ同じの秘密

[有料会員限定]

国語辞典のベストセラー、岩波書店の「広辞苑」の改訂版が12日発売された。10年ぶりの全面改訂となった今回の「第7版」では、新たに1万項目の言葉を追加収録。ページ数は第6版より140ページ増え、過去最高の3216ページとなった。ただ、辞典の厚さは全く変わらない。秘密はギリギリまで薄く、軽くした印刷紙にある。

王子グループの技術の結晶

広辞苑の歴史は、国内製紙最大手の王子ホールディングスの技術開発の歩みでもある。1955...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン