2018年1月18日(木)

1/18 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ビットコイン急落、オルトと「共倒れ」 アルゴの売りも[有料会員限定]
  2. 2位: ビットコイン、薄れる幻想 受け渡しリスクに警鐘も[有料会員限定]
  3. 3位: テスラ、モデル3の生産遅延で膨らむ財務リスク[有料会員限定]
  4. 4位: 株反落、続く強気と波乱の影[有料会員限定]
  5. 5位: 「高値波乱」懸念じわり ファナック急落が示す予兆[有料会員限定]

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,868.34 -83.47
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,820 -130

[PR]

業績ニュース

久光薬、純利益14%減 3~11月 医療用が苦戦

2018/1/12 20:30
保存
共有
印刷
その他

 久光製薬が12日発表した2017年3~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比14%減の158億円だった。主力の消炎鎮痛剤など医療用医薬品が後発薬の台頭で苦戦。前年同期に米子会社の製造販売承認権の譲渡益を特別利益に計上した反動も出た。一般用医薬品「サロンパス」は伸びたが、医療用の不振を補えなかった。

 売上高は横ばいの1095億円だった。連結全体の約6割を占める医療用医薬品事業は6%の減収。後発薬との競合が厳しく、消炎鎮痛剤「モーラステープ」が振るわなかった。

 一般用医薬品事業は13%増収で収益全体を下支えした。サロンパスシリーズの売り上げは23%伸びた。国内で手薄だった若年層を取り込んだほか、米国では主成分を増やした高機能品が好調だった。「海外販売は急拡大が期待できる」(高尾信一郎取締役)という。

 18年2月期通期の業績予想は据え置いた。売上高は前期比1%増の1470億円、純利益は9%減の185億円を見込む。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

減益収益見通し特別利益サロンパス久光製薬

新着記事一覧

読まれたコラム