/

この記事は会員限定です

AIで犯罪ストップ、カメラの映像を解析

OKI、ATM操作監視 阪大、歩き方で容疑者特定

[有料会員限定]

人工知能(AI)で監視カメラなどの映像を分析して防犯や犯罪捜査に役立てる研究が活発だ。OKIはATM操作で不審な行動を検知、ベンチャー企業のアースアイズ(東京・中央)は万引き犯を予測するシステムをそれぞれ開発。大阪大学の技術は歩き方の特徴から犯罪者を特定して追跡する。AIが社会の安全と安心を支える時代が近づいてきた。

総務省が専門家らにAIの活用分野を聞いたところ、約7割が犯罪予測や予防を挙げた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン