2018年10月22日(月)

AIで犯罪ストップ、カメラの映像を解析
OKI、ATM操作監視 阪大、歩き方で容疑者特定

2018/1/12 13:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)で監視カメラなどの映像を分析して防犯や犯罪捜査に役立てる研究が活発だ。OKIはATM操作で不審な行動を検知、ベンチャー企業のアースアイズ(東京・中央)は万引き犯を予測するシステムをそれぞれ開発。大阪大学の技術は歩き方の特徴から犯罪者を特定して追跡する。AIが社会の安全と安心を支える時代が近づいてきた。

総務省が専門家らにAIの活用分野を聞いたところ、約7割が犯罪予測や予防を挙げた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報