/

この記事は会員限定です

好調な沖縄経済 振興予算への依存、自立に課題

[有料会員限定]

沖縄県の歳入が伸びている。2016年度は7477億円で10年前と比べて27%増えた。東日本大震災と熊本地震の被災県を除くと最大だ。柱は税収と沖縄振興予算の2つ。観光を軸にした景気拡大を反映し、この10年間で個人住民税が2.3倍、地方消費税が73%増えた。歳入の中核といえる国庫支出金も56%増と被災県以外で最大の伸びだった。数字だけを見れば「低所得・高失業率」の汚名を返上できそうだが、経済自立を実現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン