2018年4月20日(金)

経常黒字5カ月ぶり減 11月、原油高で貿易黒字縮小

2018/1/12 10:39
保存
共有
印刷
その他

 財務省が12日発表した2017年11月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同月比で5.6%減り、1兆3473億円となった。前年同月に比べて減ったのは5カ月ぶり。原油高を受けて貿易収支が黒字幅を縮小させた影響が出た。経常黒字は41カ月連続だった。

 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1810億円の黒字で、前年に比べ46.8%減った。輸入額・輸出額ともに前年を上回ったが、輸入の伸びが輸出の伸びを上回った。財務省によると、原油価格(円ベース)は1年前と比べて27.0%上昇。原粗油などの輸入額の増加につながった。 輸送や旅行、金融といったサービス取引の収支を示すサービス収支は417億円の黒字で、34.3%減った。「その他業務サービス」の項目で16年11月にあった大口の受け取りがなくなった影響がでた。

 サービス収支のうち旅行収支は1485億円の黒字で11月としては過去最高だった。訪日外国人客の消費が旺盛で、受け取りが増えた。日本政府観光局(JNTO)によると、11月の訪日客数は前年同月比26.8%増の237万人だった。

 海外からの配当金や投資収益にあたる「第1次所得収支」は10.4%増の1兆3298億円の黒字で、11月としては過去2番目の水準だった。このうち、企業が海外子会社から受け取る配当金などの「直接投資収益」の黒字額は5.5%増の3742億円だった。1年前と比べて円相場が対ドルで4.4%下がり、ドル建ての配当金の円換算額が伸びやすかった。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報