/

首相、慰安婦巡る謝罪要求「全く受け入れられない」

日韓合意の履行求める

安倍晋三首相は12日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が従軍慰安婦問題で日本側に求めている謝罪に応じない考えを示した。「日韓合意は国と国との約束だ。これを守ることは国際的かつ普遍的な原則だ。韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは、全く受け入れることはできない」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

バルト3国などへの訪問に先立ち、記者の質問に答える安倍首相(12日午前、首相官邸)

首相は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意を履行するよう韓国側に求めた。同合意に基づき、日本は元慰安婦や遺族に現金を支給する財団に10億円を拠出した。首相は「日本側は約束したことは全て誠意をもって実行している。韓国側にも実行するよう強く求め続けていきたい」と語った。

文氏は10日の記者会見で、慰安婦問題の解決には「日本が真実を認識し、被害者に心から謝罪」することが必要と指摘していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン