WCO事務総局長選 日本、現職の御厨氏擁立
3期目狙う

2018/1/12 11:12
保存
共有
印刷
その他

財務省は12日、6月末に予定されている世界税関機構(WCO、本部ブリュッセル)の次期事務総局長選挙に現職の御厨邦雄氏を日本政府として擁立すると発表した。御厨氏は財務省出身。WCOの事務総局次長を経て、2009年に日本人として初めて事務総局長に就いた。14年から2期目を務めている。

WCOは182カ国・地域が参加する税関関連で唯一の国際機関。20年に東京五輪を控えるなか、日本人がトップを務めることで存在感をアピールする狙いだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]