2018年4月20日(金)

「広辞苑」改訂版を発売 岩波書店、10年ぶり

2018/1/12 9:35 (2018/1/12 10:09更新)
保存
共有
印刷
その他

 国語辞典のベストセラー、岩波書店の「広辞苑」の10年ぶりとなる改訂版(第7版)が12日、発売された。「ブラック企業」「LGBT」(性的少数者)など、第6版の刊行後に定着するなどした言葉約1万項目を追加し約25万項目を収録。無料で利用できるネット辞書の普及などで紙の辞書を取り巻く環境は厳しいが、辞書界の代表的存在の改訂で、書店の活性化などが期待される。

 10年ぶりに改訂された「広辞苑」を手にする女性(12日午前、東京都千代田区の三省堂書店神保町本店)=共同

 東京都千代田区の三省堂書店神保町本店は、特別売り場を設置。

 改訂版では、科学技術の進歩により、一般的に使われるようになったIT用語や、東京電力福島第1原発事故後に注目された科学分野の言葉などを重点的に選定。今回初めて編集者に原発担当が加わり、「将来も使われ続ける言葉」として「安全神話」「廃炉」などが新たに選ばれた。

 昔からある言葉に新たな意味が加わった例もあり、「炎上」は「インターネット上で、記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」と付記された。

 3216ページで、普通版と、2分冊の机上版の2種類を販売する。〔共同〕

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報