2018年1月21日(日)

食品メーカーや卸、ドライバーの負担軽減へ待ち時間短縮

サービス・食品
2018/1/11 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 食品メーカーや卸各社が、商品輸送のドライバーの待ち時間短縮を進める。日清食品は即席麺の輸送で、積み下ろしにかかる時間を1~2割に短くする。約100社の食品卸が加盟する日本加工食品卸協会や国分グループ本社は、納品を受ける際の待ち時間を縮めるシステムを作った。人手不足が深刻になるなか、ドライバーの負担を減らして人材確保とサービスの向上につなげる。

 加工食品は通常、メーカーがトラックの事業者と契約し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報