/

この記事は会員限定です

食品メーカーや卸、ドライバーの負担軽減へ待ち時間短縮

[有料会員限定]

食品メーカーや卸各社が、商品輸送のドライバーの待ち時間短縮を進める。日清食品は即席麺の輸送で、積み下ろしにかかる時間を1~2割に短くする。約100社の食品卸が加盟する日本加工食品卸協会や国分グループ本社は、納品を受ける際の待ち時間を縮めるシステムを作った。人手不足が深刻になるなか、ドライバーの負担を減らして人材確保とサービスの向上につなげる。

加工食品は通常、メーカーがトラックの事業者と契約し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン