/

この記事は会員限定です

「脱炭素」時代に潜む石炭の値上がりリスク

商品部 久門武史

[有料会員限定]

地球温暖化への対策で、燃焼時に大量の二酸化炭素(CO2)を出す石炭への風当たりが世界的に強まっている。欧州を中心に金融機関が石炭関連産業からの資金引き揚げを進めるほか、最大消費国の中国も大気汚染に手を焼き、ガスへの燃料切り替えを急ぐ。ただ世界を見渡せば、むしろ新興国で発電の需要が膨らみ石炭の消費は増えていく。脱・石炭の機運が実際の需要環境以上に先行すれば、開発投資の停滞を招き供給不足を招きかねない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン