/

英、プラスチック消費削減へ25年計画 レジ袋有料化対象拡大

【ロンドン=篠崎健太】英政府は11日、プラスチックの消費削減を柱とする今後25年間の環境対策を発表した。レジ袋の有料化対象を広げたり、商品包装の見直しを促したりして、2042年末までに国内で不要なプラスチックの使用を抑えることをめざす。

具体策として、レジ袋1枚あたり5ペンス(約7.5円)の負担を消費者に求める対象を、イングランド地方で全ての小売店に広げる。現在は従業員250人以上の大規模店が対象になっている。このほか、環境対策には政府施設でプラスチック袋の使い捨てをやめることや、野生生物の生息域を50万ヘクタール整備することなども盛り込んだ。

メイ首相は同日の記者会見で「(環境分野で)世界でリーダーシップを発揮していく」と語った。英政府は9日に「マイクロビーズ」という微細プラスチック粒子を含む製品の製造禁止を発表。17年にはガソリン車やディーゼル車の販売を40年までに禁じる方針を打ち出すなど、環境分野の政策対応を加速している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン