/

新工場「食文化を発信」 日本食研、今治で起工式 20年稼働予定

調味料大手の日本食研ホールディングス(愛媛県今治市)は11日、同市内に建設する新工場「シェーンブルン宮殿工場」の起工式を開いた。同社2番目となる宮殿を模した工場で、投資額は250億円、2020年4月に稼働予定。大沢一彦会長は「(新工場から)おいしい料理の食文化を世界に届けたい」と期待を込めた。

新工場は6階建てで、延べ床面積は4万2300平方メートル。オーストリアの首都ウィーンにある世界遺産「シェーンブルン宮殿」をモチーフとした。たれ、ソースなどの液体ブレンド調味料やレトルト食品を最大で年5万トン生産する。生産能力はグループの国内外の既存8工場と比べて最大規模。新規を含めて約500人の雇用を計画する。

ウィーンの「ベルベデーレ宮殿」を模した設計で、年2万人が訪れる「KO宮殿工場」(今治市)と同じく、一般の見学を受け付ける。同社は中国と台湾でも工場新設を進めており、海外展開に力を入れている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン