2019年2月18日(月)

JR春日井駅前の再開発で組合認可

2018/1/11 21:41
保存
共有
印刷
その他

矢作建設工業と野村不動産、岡谷鋼機の3社は11日、JR春日井駅南東地区(愛知県春日井市)の再開発事業に関して、市街地再開発組合の設立が春日井市の認可を得たと発表した。地上23階建ての住宅棟(約130戸)と、スーパーマーケットなどが入る5階建て商業棟を建設し、4階建ての駐車場を整備する。総事業費は約60億円。2019年に着工し、21年の完成を目指す。

春日井駅周辺は春日井市が、周辺のにぎわい創出を目指して、民間活力の誘導を目指してきた。 再開発の敷地面積は約3800平方メートル。矢作建設が設計・施工を手掛け、野村不と岡谷鋼機が住居棟の販売分の部屋を取得・販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報