2018年1月19日(金)

1/19 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロプラ、白猫訴訟で見えた「崩れたミルフィーユ」
  2. 2位: 神鋼、「脱・たこつぼ人事」にみる復活への覚悟[有料会員限定]
  3. 3位: 沈むGE、ダウ銘柄120年の歴史に終止符も[有料会員限定]
  4. 4位: 米国株、ダウ反落し97ドル安 利益確定売り優勢 ボーイングの下げ重荷
  5. 5位: 増える「企業内会計士」 監査法人から年500人転職[有料会員限定]

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,762.60 -0.77
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,730 -40

[PR]

業績ニュース

有償ストックオプション、費用計上必要に 企業会計基準委

2018/1/11 20:30
保存
共有
印刷
その他

 日本の会計基準をつくる企業会計基準委員会(ASBJ)は11日、有償ストックオプション(株式購入権)の会計処理を決めた。権利行使が見込まれた時点で、人件費として計上する。従来は明確なルールが無かった。

 2018年4月1日から適用する。同日より前の取引については、従来採用していた会計処理を続けることができる。

 有償ストックオプションは、企業の従業員らが対価を払って株式を購入する権利を取得し、業績や株価などの目標を達成できれば権利行使できる仕組み。ASBJは、企業側が追加的なサービスを期待しており、報酬として人件費の計上が妥当とした。

 ただ有償ストックオプションを活用して優秀な人材を確保してきた、ベンチャー企業などの反発は根強い。ネット企業などが加盟する新経済連盟の小木曽稔政策統括は「非常に残念だ。従業員に対するインセンティブの選択肢が制限される。再考してほしい」と話す。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム