/

宿泊確保へクルーズ船 APEC準備でパプア

【シドニー=共同】パプアニューギニアのオニール首相は、11月に同国で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にクルーズ船3隻をチャーターすることを承認した。同国のメディアが11日伝えた。会議には各国首脳、閣僚や報道陣ら1万人以上が訪れると予想され、首都ポートモレスビー周辺だけでは宿泊施設が足りないとみられていた。

3隻で計1万2千室以上を確保できる見通しで、オニール氏は「クルーズ船は宿泊や食事提供のニーズに大いに役立つ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン