2018年1月18日(木)

年末年始の山岳遭難29件 登山届は8件のみ

社会
2018/1/11 18:48
保存
共有
印刷
その他

 昨年12月29日から今年1月3日までの年末年始期間中に全国で発生した山岳遭難は29件だったことが11日、警察庁のまとめで分かった。前年同期と比べて20件の減少。遭難者数は44人で、うち死者が2人、負傷者が12人だった。

 29件の遭難のうち、登山届が提出されていたのは8件だけだった。警察庁の担当者は「登山届が出ていると、(救助隊は)少しでも早くたどり着ける」と協力を呼び掛けている。

 都道府県別の遭難件数を見ると、最も多いのが東京の5件で、次いで長野と滋賀の各3件、兵庫と鹿児島の各2件が続いた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

山岳遭難登山届



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報