2018年11月17日(土)

迫る5G、広がる商機 AI・自動運転時代のインフラに
ネット台頭、AT&Tやクアルコムは反転攻勢へ

スタートアップ
2018/1/11 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ラスベガス=中西豊紀】世界最大の家電見本市(CES)で未来を見据えた話として注目が集まるのが次世代通信の「5G」だ。今より通信速度が速くなり扱うデータ量も格段に増える。ネット動画配信のネットフリックスや半導体のエヌビディアなど新興勢力に押され気味のAT&Tやクアルコムは巻き返しの機会をうかがう。5Gはメディアやつながる車、ロボティクスなど応用範囲が幅広い。次世代技術のインフラとして主導権を巡る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報