東南アジアは自発的なCO2抑制を スティーブン・グレンビル氏 豪ローウィ国際政策研究所 客員研究員

2018/1/12 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアのエネルギー需要は2040年までに、60%以上増加するとみられる。世界需要の増加ペースの2倍に相当する。一方、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の目標を達成するには、東南アジアも二酸化炭素(CO2)排出量の相当な削減に寄与しなければならない。

東南アジア以外の多くの国は、石炭の使用を減らすつもりだ。先進国に加えインドでさえ、石炭火力発電を減らそうとしている。だが東南アジアでは、40年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]