2019年1月17日(木)

マイゴルフ

フォローする

ドライバーショット、永野竜太郎プロが映像で解説

2018/1/11 13:58
保存
共有
印刷
その他

「飛ばしのコツ」についてよく聞かれるが、アマチュア時代は勝手に飛んでいた。だがプロになってからは、OBなどミスをしたときの記憶が体に残り、振りたくても昔のようには思い切って振れなくなった。今でも歯がゆさを感じることがある。自分が置かれた立場や状況、ホールロケーションなどが原因だろう。

試合で思い切り振る場面は案外少ないものだが、僕が一番気をつけているのは、スイングを緩ませずに振り切ることだ。そのほうがリズムをつくりやすい。アマチュアの人は「曲がったらどうしよう」と気になるだろうけど、練習場でもコースでもボールに合わせず100パーセントの力で振り切るほうがいい。飛距離は伸びスイングも良くなると思う。

ちっちゃな時からクラブはグリップエンドまで握っている。スタンス幅は肩幅より広めでボール位置は左耳、左肩の延長線上かその中間。体重配分は右に6、左に4だが5―5でもいい。両膝の位置が同じで、伸びすぎず、前に出すぎないように気をつけている。大切なのは打つ前のイメージとリズム。弾道や方向などイメージがしっかりしていないとアドレスで迷いが生じる。最悪のケースを想定、「こういう球筋ならOBゾーンには行かない」とイメージを鮮明にし、後は打つだけだ。

僕はフェードが持ち球で、ドローを打つ場合はボールを左足寄りに置く。ボールがスイング軌道の最下点より先だと、勝手にフェースが閉じてつかまる。フェアウエーをキープしたいときは、左へ打ち出してスライスをかけフェアウエーに戻す。「真っすぐ」は、プレッシャーもかかるし難しい。海外のトップ選手も結構、わざと左右に曲げている。飛距離をコントロールするなら、スタンス幅を狭めたりクラブを短く持てばいい。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

マイゴルフをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
上げたいときほど目線を低くする

 バンカーショットの際、僕は他のプロに比べクラブフェースを開かない。アマチュアの人もそのほうがいいと思う。大きく開いてダフらせようとするから、砂をとりすぎてボールが一発で出ない人が多い。クラブをV字っ …続き (1/11)

フェースの真ん中から先端近くで球をとらえる

 アプローチは基本的には52度か58度のウエッジでピッチエンドランだが、7番や8番アイアンで転がすこともある。ヒール側が芝にぶつかって「チャックリ」にならないよう、接地面積を減らすためにハンドアップ気 …続き (2018/12/28)

無理に曲げようとするとミスが出る

 アイアンの距離感は、ウエッジでアプローチする時の距離をもとにつくっている。例えば58度のサンドウエッジで50~80ヤードくらいを打つ感じで振り幅、スピードを考え、ロフトが立った上のクラブに当てはめて …続き (2018/12/21)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]