/

ドライバーショット、永野竜太郎プロが映像で解説

「飛ばしのコツ」についてよく聞かれるが、アマチュア時代は勝手に飛んでいた。だがプロになってからは、OBなどミスをしたときの記憶が体に残り、振りたくても昔のようには思い切って振れなくなった。今でも歯がゆさを感じることがある。自分が置かれた立場や状況、ホールロケーションなどが原因だろう。

試合で思い切り振る場面は案外少ないものだが、僕が一番気をつけているのは、スイングを緩ませずに振り切ることだ。そのほうがリズムをつくりやすい。アマチュアの人は「曲がったらどうしよう」と気になるだろうけど、練習場でもコースでもボールに合わせず100パーセントの力で振り切るほうがいい。飛距離は伸びスイングも良くなると思う。

ちっちゃな時からクラブはグリップエンドまで握っている。スタンス幅は肩幅より広めでボール位置は左耳、左肩の延長線上かその中間。体重配分は右に6、左に4だが5-5でもいい。両膝の位置が同じで、伸びすぎず、前に出すぎないように気をつけている。大切なのは打つ前のイメージとリズム。弾道や方向などイメージがしっかりしていないとアドレスで迷いが生じる。最悪のケースを想定、「こういう球筋ならOBゾーンには行かない」とイメージを鮮明にし、後は打つだけだ。

僕はフェードが持ち球で、ドローを打つ場合はボールを左足寄りに置く。ボールがスイング軌道の最下点より先だと、勝手にフェースが閉じてつかまる。フェアウエーをキープしたいときは、左へ打ち出してスライスをかけフェアウエーに戻す。「真っすぐ」は、プレッシャーもかかるし難しい。海外のトップ選手も結構、わざと左右に曲げている。飛距離をコントロールするなら、スタンス幅を狭めたりクラブを短く持てばいい。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン