2018年9月22日(土)

三菱電機、渋滞車にピザ配達構想 脱「ご用聞き」へ

2018/1/11 5:42
保存
共有
印刷
その他

 【ラスベガス=岩戸寿】渋滞中の車の位置を正確に把握し、注文されたピザをドローンで配送――。三菱電機が米ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「CES」で、こんなサービスの構想を示している。一見突拍子もないようなサービスにみえるが、裏には脱「ご用聞き」という営業姿勢の変化への思いが込められている。

三菱電機が展示した位置情報サービスを使った新サービスの構想(米ラスベガス)

 昨年秋に欧州のデジタル地図大手ヒアとの提携を発表した三菱電機。連携したサービスの具体案のひとつとしてCESで示したのが、渋滞中の車への配達構想だ。担当者は「渋滞中に進んだ車の位置を正確に把握できるからこそできるサービスだ」と説明する。

 数センチメートル単位でリアルタイムに位置情報を取得できる技術の強みを、サービスとして可視化することで広く訴える。ほかに駐車中の自動車の位置を把握し、トランクに宅配物を配送するサービスなども提案している。

 三菱電機の自動車事業はこれまで機器販売が中心。サービスまで踏み込んで提案するのは「技術を先取りし、誰も気付かない次の価値を提案したい」(自動車機器事業部長の石川達也氏)という思いの表れだ。自動車メーカーの要望を聞きに行く「ご用聞き」型の営業から、未来のサービスを示して需要を顕在化させるスタイルへの変貌を目指す。

 「技術の進化は早く、5年後と思っていたものも3年でできる世の中だ」(石川事業部長)。ピザ配達など様々な構想の実現に向け、サービス提供者など幅広い事業者との連携を進める方針。変化の一歩を着実なものにするためにも、一刻も早い実用化が待たれる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報