2018年9月19日(水)

タイガー魔法瓶、中国で模倣品対策 QRコード活用

2018/1/11 2:00
保存
共有
印刷
その他

 タイガー魔法瓶(大阪府門真市)は10日、中国で模倣品への対策を今月から始めると発表した。販売するステンレス魔法瓶のパッケージに貼られたQRコードのシールを読み取ると正規品かどうかを判定できる。今後はアジアの他の国や地域での実施も検討する。

QRコードを読み取ると正規品かどうかわかる(判定のイメージ画面)

 購入者がスマートフォン(スマホ)専用アプリ「真贋判定」をダウンロードしてQRコードを読み取る。シールが模倣品だったり、既に読み取られたものだったりすると警告画面が表示される。

 訪日外国人による「爆買い」が始まって以降、中国では日本メーカーの魔法瓶をかたった模倣品が増えているという。これまで同社では模倣品と確認した商品にだけ販売中止を求めてきた。海外販売に注力するなかで、初めて具体的な対策に乗り出す。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報