/

この記事は会員限定です

著名寺院の拝観料、値上げ相次ぐ 「防犯費かさむ」

[有料会員限定]

世界遺産の東大寺や法隆寺を含む著名な寺院などで拝観料の値上げが相次いでいる。文化財や建造物の維持・修繕費がかさんでいるほか、落書きなどの防犯対策の負担も必要なためという。こうした寺院などは外国人旅行客からも人気で、訪問客にとっては出費増につながるが、寺院側は「貴重な文化財を後世に残すにはやむを得ない」と理解を求めている。

「拝観料改定のお知らせ」。2017年4月、神奈川県鎌倉市の建長寺のホームペー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン