/

この記事は会員限定です

韓国政府、日本の拠出金返還せず 10億円は記念館などに

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】韓国政府が、2015年の日韓慰安婦合意に基づき日本政府が拠出した10億円を日本に返還せず、歴史関連の記念館や元慰安婦の追悼碑の建設などに活用する案を検討していることが10日、分かった。一方、日本政府は日韓合意の着実な実行を求める立場で、韓国側が新たに10億円を支出する方針に反発している。

日本政府は16年に元慰安婦や遺族への現金支給を担当する「和解・癒やし財団」に10億円を拠出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン