2018年1月19日(金)

国際主義の退潮防げるか 上級論説委員 実 哲也

中外時評
2018/1/11 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2008年に米国発の金融危機が起きた際、世界のリーダーらが真っ先に恐れたのが1930年代の再来だった。

 大恐慌を機に、主要国が通貨の切り下げや自国の市場を閉ざす保護主義に走った。それが世界経済の一層の混乱や戦争に結びついたという共通認識があったからだ。

 08年秋にワシントンで開いた20カ国・地域(G20)首脳会議は「保護主義を拒絶することは決定的に重要」と強調し、貿易や投資の制限措置を控えること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報