/

この記事は会員限定です

月が私のふるさと 宇宙に広がる生存圏

ポスト平成の未来学 第3部 SFを現実に

[有料会員限定]

今から116年前、フランス人映画監督のジョルジュ・メリエスは映画史に輝かしい名作を残した。天文学者らが銃弾に似たロケットで月へ探検に出かけ、月の住民と巡り合う――。ジュール・ヴェルヌ原作で、世界初のSF映画といわれる「月世界旅行」だ。ヴェルヌ、メリエスが描いた月への冒険が身近になる時代はそう遠くないかもしれない。人類の生存圏が宇宙、月に広がるのは現実味を帯びた未来になりつつある。

「消しまーす」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン