/

中国スマホ市場 2017年出荷台数 初の2ケタ減

市場飽和、差別化難しく iPhone新製品も苦戦

【広州=中村裕】中国政府系のシンクタンク「中国情報通信研究院」が発表した2017年の中国市場におけるスマートフォン(スマホ)の出荷台数は、前年比11.6%減の4億6100万台となり、大幅に落ち込んだ。10年以降、急激なスピードで普及してきた中国で、前年比2ケタの減少となるのは初。市場が飽和したほか、新製品の差別化が難しくなり、世界の約3割を占める最大市場の中国も苦境が鮮明となってきた。

これまで中国のスマホ出荷が減少に転じたのは、景気の減速が鮮明になった14年の1度のみ。13年比で8%減少した。一方、17年は中国景気が底堅く推移する中で、2ケタの落ち込みを見せた。

直近の17年12月の落ち込みは深刻さを増しており、出荷台数は4036万台と前年同月比で33.2%減少した。昨年9~12月にかけ、華為技術(ファーウェイ)、OPPO(オッポ)、vivo(ビボ)、米アップルの上位陣はそろって新製品を投入したが、市場回復はならなかった。

背景には中国市場が飽和したことに加え、17年は新たに台頭した新興ブランドの企業が無く、勢いを欠き、消費者にとって新味を欠いたことがある。アップルが昨秋発売した新型「iPhone(アイフォーン)」も振るわず、目玉と言われた機能の「顔認証」は、オッポやビボも新製品に盛り込むなど差別化ができなかった。カメラや音質の良さで付加価値を付けて販売を競う各社の戦術も一段落した。

世界市場全体では17年は1ケタ台前半の伸びを確保したもよう。ただ最大市場の中国でさらに落ち込みが長引けば、18年は世界全体で前年割れのリスクが浮上しそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン