2018年10月23日(火)

レーシングワールド

フォローする

外国人騎手全盛 存在感増す社台グループ

(1/3ページ)
2018/1/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

昨年12月28日、中山で行われた2017年最後のG1、第34回ホープフルステークス(芝2000メートル)は、1年を象徴するような結果になった。

17年最後のG1ホープフルSをタイムフライヤーで制したクリスチャン・デムーロ騎手=JRA提供

17年最後のG1ホープフルSをタイムフライヤーで制したクリスチャン・デムーロ騎手=JRA提供

クリスチャン・デムーロ(Cデムーロ=25、イタリア)騎乗のタイムフライヤーが優勝。ホープフルステークスと大阪杯が新たにG1に昇格し、中央競馬の平地G1は年間24戦に増えたが、Cデムーロの勝利で外国人騎手が過半数の13を占めたのだ。最多勝はクリストフ・ルメール(38)に決定済み。ルメールは同日は勝てず、05年の武豊(48)以来の年間200勝は逸したが、2位の戸崎圭太(37)には28勝差。さらに、3位でCデムーロの兄、ミルコ・デムーロ(Mデムーロ=39)は戸崎と同じ171勝。前年まで3年連続最多勝の戸崎は、2着数の差で辛くも2位を守った。

初の外国人最多勝、G1も席巻

ルメールの最多勝は史上初めて、タイトルが外国人の手に落ちたことを意味する。15年3月にルメールとMデムーロが同時に中央競馬の通年騎手免許を手にした時点で、この事態を予測した人も多かろう。15、16年は戸崎が立ちはだかり、特に16年は最後の有馬記念当日まで続いた競り合いの末、1勝差(187勝)で首位を守った。だが、17年は戸崎が下半期に失速し、最多勝の座を明け渡した。

昨年の特徴をもう一つ挙げれば、上位3人への勝ち星の集中である。ルメール、戸崎、Mデムーロの3人で計541勝。平地3329競走の16.3%に当たる。08~15年まで、勝利数上位3人の合計は、14年が407勝だったのを除いて354~395勝で推移していた。ところが、16年は508勝と急増。戸崎とルメールに続く3位の川田将雅(32)が135勝で、Mデムーロは132勝を挙げた。昨年はMデムーロが勝ち星を39も伸ばし、4位の福永祐一(42)に55勝差をつけた。「3極体制」が確立されたのである。

勝ち星は「3極」でも、大レースは「2極」だ。重賞勝利数は6つのG1を含めて18勝のMデムーロが圧倒。計14勝でG1も4勝したルメールが続き、戸崎はG3の4勝だけ。日本人騎手で存在感を示したのは武豊で、キタサンブラックでG1を4勝したほか、G2、G3を計9勝し、両外国人以外で唯一、重賞2桁勝利となった。武以外の日本人で平地G1複数勝利は2勝を挙げた川田のみである。

社台グループ、外国人騎手を支える

G1では短期免許で来日した外国人も活躍した。ジャパンカップはヒュー・ボウマン(37、オーストラリア)のシュヴァルグランが勝ち、翌週のチャンピオンズカップはライアン・ムーア(34、英)のゴールドドリームが優勝。Cデムーロのホープフルステークスを加えて、過半数の平地G1を外国人騎手が勝利した。ムーアはG2、G3も1勝ずつで、Cデムーロは重賞4勝。このほか、アンドレア・シュタルケ(44、ドイツ)、アンドレア・アッゼニ(26、イタリア)も重賞を1つずつ勝っている。結局、外国人騎手は平地重賞128競走のうち42戦を制したことになる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

レーシングワールド 一覧

フォローする
エネイブル(左奥)が連覇を果たした凱旋門賞は見応え十分だった=APAP

 世界最高峰のレースのひとつ凱旋門賞(G1、仏・パリロンシャン)が7日に行われた。順調なシーズンを送れていなかった昨年の覇者、エネイブル(牝4、英)が連覇を飾るなど、見どころの多いレースだった。ただ、 …続き (10/20)

JRA騎手免許試験受験後、取材に応じたモレイラ

 2日午前、千葉県白井市の日本中央競馬会(JRA)競馬学校。普段は中央競馬の騎手や厩務員を目指す人々が学ぶ場所で、この日は取材陣が一人のブラジル人を待ち構えていた。騎手のジョアン・モレイラ(35)。午 …続き (10/6)

アーモンドアイ(左端)は春のオークスから秋華賞へ直行する=共同共同

 9月の中山、阪神開催では3歳クラシック三冠の最終戦、菊花賞(10月21日、G1・京都)、3歳牝馬の三冠目、秋華賞(10月14日、同)に向けたトライアルが行われている。牝馬は16日のローズステークス( …続き (9/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]