2019年7月17日(水)

AIは弁護士の職を奪うのか、「喪失」から機会「創出」へ

2018/1/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)の登場により、一部の職種は雇用が奪われてしまうとの予測がある。膨大な判例や法令を扱う法律の分野はその代表的な1つとして名前が挙がるが、使い方によってはAIは力強い味方にもなる。韓国では先行して、弁護士がAIを積極的に活用し、法律の世界を変えようとする動きが進んでいる。

2017年6月、英国で開催された世界法律AI会議「ICAIL」。期間中にはAIを使って司法試験を解くコンテストが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。