/

この記事は会員限定です

「AIで金融の敷居低く」――アルパカ横川CEO

[有料会員限定]

人工知能(AI)ベンチャー、アルパカは個人投資家が為替や株式を取引する際にAIが補助するシステムを手掛ける。横川毅最高経営責任者(CEO)は米シリコンバレーに拠点を移し、証券会社の設立を目指している。AIを使って見えないコストを減らし、金融業界の敷居を下げようとする取り組みについて聞いた。

――どのようなシステムを手掛けていますか。

「機関投資家はプログラマーが専用のシステムを作り、為替や株式の売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン