2018年10月23日(火)

スペシャル

フォローする

帝京大ラグビー9連覇、「見えない敵」に打ち勝つ

(1/2ページ)
2018/1/10 18:00
保存
共有
印刷
その他

ラグビーの大学選手権で9連覇を果たした帝京大にとって、今シーズンは過去にない壁に立ち向かう一年でもあったようだ。明大を21―20で下した決勝の前日、岩出雅之監督が話していた。「今年は自分たちに矢印を向け、見えない敵を探そうとやってきた」

「打倒社会人」の目標なくなり

そうせざるを得なかった理由がある。今年度から日本選手権への大学の出場枠が廃止。昨季までの「打倒社会人」の旗を掲げることができなくなったからだ。

「常に社会人を意識したり、ボコボコにやられるかもしれないという『公の場』があることはいい緊張感になっていた。そういう意味では今季後半(難しさを)感じた」と監督。堀越康介主将も言う。「昨季までは練習中も『これじゃトップリーグに勝てないぞ』という声が出ていた。今年は目標が薄れるところはあった」

9年連続の大学日本一も立派なゴールだが、社会人撃破に比べるとハードルは下がる。そのままでは選手の目線を高く保つのは難しい。

監督が打った手。それは新たなチームのテーマとして「エンジョイ」を掲げることだった。「ラグビーをスキルの部分で楽しむのではなく、心から楽しんでプレーする。楽しむことの『深さ』を追求してほしかった」

帝京大・岩出監督は今季、「エンジョイ」をテーマに、楽しんでプレーすることを選手たちに求めた=共同

帝京大・岩出監督は今季、「エンジョイ」をテーマに、楽しんでプレーすることを選手たちに求めた=共同

言葉だけなら抽象的に聞こえるが、練習中からピンチで耐え抜いたり、劣勢の試合をひっくり返したりする場面などを想定。それぞれの場面を楽しみながら、力を十分に発揮できるように心がけてきたという。

学生自身も頭をひねった。「全員が個人で高い目標を立てることにした」と堀越主将。Aチーム(1軍)なら日本代表やスーパーラグビーのサンウルブズに入って活躍すること。Cチームの選手でもトップリーグ入りを照準にしてきた。

それでも緩みかねない気持ちを引き締めるのは難しい。「個人の目標は目に見えないものなので、求めるスタンダードを自分で高くできることもあれば、低くなってしまうこともあった」と堀越主将は振り返る。

大学の日本選手権優勝は1987年度の早大以来なく、その出場枠廃止は長らく議論されてきた。ただ、岩出監督は「学生は(大学選手権後の)1月から2月で意外に伸びる。日本の将来を担う若手を育成するうえで、(トップリーグとの)試合までのプロセスに価値があった」と語る。トップリーグが移行を目指している新リーグでは大学も参加するカップ戦を創設する方向。開催時期などを工夫してぜひ実現してほしいものだ。

決勝の明大戦、後半に本領

いずれにせよ、最大の目標の喪失は、今季の帝京大の性格にも影響したようだ。「手を抜いているわけではないのだが、どこかで優しさが出てしまう」と監督は今季のチームの特徴を語る。

実際のプレーとして表れたのが、明大との決勝の前半だったかもしれない。簡単な落球にパスミス、不要の反則……。王者らしからぬ失策が相次いだ。

密集戦での攻防やタックルで受け身に回ったことも、選手の判断を狂わせた。我慢して攻め続ければ崩せそうな場面でキックを選択。その精度が低く、逆に後退させられる場面が多かった。

WTB竹山晃暉は話す。「明大のディフェンスにプレッシャーを感じて裏に蹴ってしまったところがあった。『キックを使いすぎずにFWで粘っていこう』と声を掛けていたのに、前半では修正できなかった」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする

 「いいイベントだった」。スポーツ関係者が口々に褒める催しが8月にあった。東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムのこけら落とし。地元のラグビーチームの試合、平原綾香さんのライブ、 …続き (10/18)

 ラグビーの代表戦の世界最多得点記録を持つSOダン・カーターが日本で存在感を見せつけている。9月14日に来日後の初陣を飾ると、正確なキックやゲームメークで神戸製鋼をけん引。ニュージーランド(NZ)代表 …続き (10/3)

カーター(左)、畠山(中)、日和佐

 ラグビーという競技がもし一つの街だったなら――。こんな発想のイベントが今月、始まった。2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のスポンサー、三菱地所主催の「丸の内15丁目プロジェクト」。目玉 …続き (9/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]