2018年1月17日(水)

太陽の謎に迫る NASA、極限まで近づく観測衛星
科学記者の目

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/1/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米国と欧州が今年後半に、相次いで太陽観測衛星を打ち上げる。至近距離まで太陽に接近するなどして、太陽の謎を解明するのが目的だ。太陽は地球の気候などにも様々な影響を及ぼしていることがわかってきているほか、太陽から噴き出す強力な太陽風が電子機器などに大きな被害を与えることも心配されている。科学的な研究だけでなく、日常の生活に役立つ成果も期待される。

■セ氏1300度、従来の7分の1の距離まで接近

 米航空…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報