2018年1月19日(金)

1/19 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロプラ、白猫訴訟で見えた「崩れたミルフィーユ」[有料会員限定]
  2. 2位: 株、上昇ペースに警戒感 目先は相場が乱高下も
  3. 3位: 増える「企業内会計士」 監査法人から年500人転職[有料会員限定]
  4. 4位: 神鋼、「脱・たこつぼ人事」にみる復活への覚悟[有料会員限定]
  5. 5位: 米国株、ダウ反落し97ドル安 利益確定売り優勢 ボーイングの下げ重荷
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,044,547億円
  • 東証2部 105,587億円
  • ジャスダック 119,529億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.46倍 --
株価収益率19.12倍17.40倍
株式益回り5.22%5.74%
配当利回り1.38% 1.46%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,824.89 +61.52
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,810 +40

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

日経平均小反落、芽吹き始めた波乱の種
証券部 松本裕子

2018/1/10 15:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 10日の東京株式市場で日経平均株価は前日比61円安と小幅反落した。前日までの3営業日で1000円超上げたため、いったん利益を確定する動きが優勢になったとの見方が多い。だが、やや気がかりなのは、波乱の芽になりかねない債券市場の動きだ。

 「注目の10年債入札が無難に終わって安心感が出た」。午後、日経平均が下げ幅を縮小したのを見て、大手証券の営業担当者はそう話した。この日、株式市場で債券入札に注目が集…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

10日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム