2018年1月24日(水)

満身創意(岡崎慎司)

フォローする

考えて、たどり着いた 「走り切る」で生き残る

2018/1/10 12:30
保存
共有
印刷
その他

 「苦境に立たされた原因を他人に求めても意味はない」と僕は考えている。しかし、誰か人のせいにせざるを得ないときがある。昨季の話だ。

 監督が代わり、先発で出られるようになったものの途中交代が続いていた。2017年4月の欧州チャンピオンズリーグ準々決勝アトレチコ・マドリード戦もそう。得点が必要な試合で、2試合連続で交代を命じられたのはFWとして屈辱的なことだった。

 「チームのバランスをとること、守備に奔走するだけが僕の仕事じゃない。なぜ、監督は僕の得点を期待してくれないのか」。監督のせいにしなければ、消化できない感情を抱えた。

 その直後、4月26日のアーセナル戦。0―0の70分、僕は途中出場する。もちろん狙うは得点だ。しかし、シュートチャンスを決めきれなかった。86分に失点し試合終了。

 僕は周囲を見返すことができなかった。そして「僕のゴールに期待してくれというのなら、しっかり決めてからいえ」という当たり前のことに気づかされた。

 結局、苦境の原因は自分がまいた種なのだ。人のせいではなく、あらゆる現実を受け入れて僕自身が乗り越えていくしかないと。

今季は前半戦で6ゴールと、点が取れている=ロイター

今季は前半戦で6ゴールと、点が取れている=ロイター

 目覚めるように現実の厳しさを思い知る。この感覚を僕はどこかで待っていたのかもしれない。だから一時的にせよ、人のせいにする甘い自分を許したのだろう。

 強烈な点取り屋がそろったチームで弱肉強食の生存競争をいかに生き残るか? 今よりも向上するために何をすべきか? 改めて考え、たどり着いたのが「走り切る」というスタイルだった。

 自分の強みや能力を出し切ろうと決めた。

 17~18年シーズンは開幕戦から2戦連続ゴールでスタートした。今季前半戦を終えて6得点とゴールが増えた理由は幾つもあるだろう。こぼれ球を拾った形の得点が多いのは、ゴール前へ走りきれているからかもしれない。

 「一喜一憂しない」

 これは今季の自分に課した目標だ。今も先発が保証されているわけじゃなく、1試合ごとに先発とベンチを繰り返している。2得点した次の試合もベンチからだった。それでも気持ちを揺らさない。これも得点増の理由の一つかもしれない。

 ワールドカップ(W杯)イヤーとなる18年も、ロシアでの本大会が終わるまではこの目標を大切にしたい。W杯が終われば、その舞台に立ったにせよ、立たなかったにせよ、自然と新しい目標が芽生えてくるだろう。そこまでの過程では、どんな現実に対しても動揺はしないと決めている。

 国境の壁を飛び越えて活動する、イングランド・プレミアリーグ、レスターの岡崎慎司さんが思いをつづります。

満身創意(岡崎慎司)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカーコラム

満身創意(岡崎慎司) 一覧

フォローする
今季は前半戦で6ゴールと、点が取れている=ロイターロイター

 「苦境に立たされた原因を他人に求めても意味はない」と僕は考えている。しかし、誰か人のせいにせざるを得ないときがある。昨季の話だ。
 監督が代わり、先発で出られるようになったものの途中交代が続いていた。 …続き (1/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]