/

この記事は会員限定です

再エネ拡大へ検討チーム 自民、電力大手エリア別に

[有料会員限定]

自民党は今月下旬に風力発電や地熱発電など再生可能エネルギーの導入拡大に向けて地域別の検討チームを設置する。東京、中部、関西といった電力大手のエリアごとに設け、再生エネの電気を流す送電線の効率的な利用法などを考える。政府が検討を始めている新たなエネルギー基本計画への反映を求める。

党再生可能エネルギー普及拡大委員会(委員長・片山さつき参院議員)の下に、まずは北海道、東北、東京、中部、関西、九州を担...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン