2018年4月20日(金)

バノン氏、極右サイト会長辞任 暴露本で出資者と対立

2018/1/10 7:46
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=川合智之】極右ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」は9日、バノン前首席戦略官・上級顧問が会長を辞任したと発表した。バノン氏はトランプ米政権の暴露本「炎と怒り」に発言を引用されて、トランプ大統領の怒りを買った。ブライトバートへの出資者で大富豪のロバート・マーサー氏も暴露本を受け、バノン氏への支援停止を表明していた。表舞台から身を引くバノン氏の影響力低下は必至だ。

 ブライトバートのラリー・ソロフ最高経営責任者(CEO)は声明で、バノン氏について「我々の重要な遺産(レガシー)」として貢献に謝意を表した。バノン氏は「短期間で国際的なニュース基盤を構築したことを誇りに思う」と述べた。

 ブライトバートは熱心なトランプ支持者を読者に抱えているが、真偽が怪しいニュースを拡散し「フェイク(偽)ニュース」との指摘を受けることも多い。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報