通訳ボランティア、大学が育成 五輪へ活躍近し

2018/1/10 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックを前に、大学がボランティアの通訳者養成に力を入れている。各地の外国語大学などがセミナーを行い、多くの学生らが参加。国内外のスポーツの大会で奮闘しながら本番に向けて腕を磨いている。

17年2月、アジア31カ国・地域から2千人超の選手らが集まった札幌冬季アジア大会。神田外語大学2年の本郷素直さん(20)はカタールの選手団約40人の英語通訳を務めた。通訳は本郷さんを含…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]