インタビュー

フォローする

桐生祥秀、「五輪ファイナリストへ」新たな決意

(1/2ページ)
2018/1/10 14:00
保存
共有
印刷
その他

陸上男子100メートルで日本人として初めて9秒台をマークした桐生祥秀の新たな挑戦の年が始まった。東洋大を卒業する今春から日本生命と所属契約を結び、事実上のプロ選手として活動をスタートさせる。世界と戦うスタートラインに立った今、22歳のスプリンターが見据える先は――。9秒98を出して自らの殻を破った昨年9月の日本学生対校選手権(インカレ)を振り返りながら、2020年東京五輪への決意を聞いた。

(関連記事を11日朝刊「オリパラ面」に掲載)

――昨季は6月の日本選手権で4位に敗れ、個人種目でのロンドン世界選手権を逃した。その挫折を乗り越えての快挙達成。1年をまとめると。

日本選手権後は気持ちが折れそうだった。1週間くらいはグラウンドにも顔を出せなくて。その後、50メートルを70本、無心で、がむしゃらに走って迷いを断った。トレーニングだけでなく、気持ちの面でも何段階も成長できたシーズンだったと思う。

――「10秒の壁」を破ったインカレの決勝前にハプニングが起きていたとか。

昨年の日本学生対校選手権で桐生がマークした9秒98は新品のスパイクから生まれた=共同

昨年の日本学生対校選手権で桐生がマークした9秒98は新品のスパイクから生まれた=共同

実は、決勝の直前にスパイクのつま先がぱっくり開いてしまった。破れたのは予選か、準決勝か、ウオーミングアップか、定かではないが、予備でもう1足用意していたので助かった。まさか、その新品のスパイクで記録が出るとは。

僕はスタートの一歩目だけ地面を擦るんです。無意識ですが、低く出ようとは考えている。その感覚を大事にしていて練習用と試合用を使い分けることはしないので、スパイクが1週間で使えなくなることもあるんです。

「最初は特別。名前が残る」

――そのスパイクへのこだわりは。

軽さを求めていて、履いていて気持ちがいい、というのが一番大事。高校(京都・洛南高)1年から使っているアシックスさんには、気がついたらこちらの希望を伝えるようにしています。僕は足が小さいので、市販のものだと左右が余る。足のサイズにぴっちり合わせないといけないので、そこに時間がかかりました。また、足首が硬いので足裏全体で一気に地面を蹴りたい。そのため、フラットな形状なのが特徴。今のスパイクの開発はリオデジャネイロ五輪を1年後に控えた2015年から始まりました。

――誰よりも先に9秒台を出した意義は。

高校時代からずっと最初に9秒台を出したいと考えていた。インパクトがあるし、今後、陸上の歴史を振り返ったときに名前が残る。2、3番目では残らないと思うんです。どのスポーツでもそうだけれど、何でも1番、最初は特別だと思う。だからどうしても最初に出したかった。調子に乗っているわけではないが、高校3年で10秒01を出してから陸上界への注目度が変わったと思っている。注目だけさせておいて、僕が消えるわけにはいかなかった。9秒台を出したことで、もっと陸上に興味を持ってもらえたらうれしい。

「ストライドをいかに伸ばすか」

――9秒台を出せた要因をどう分析しているか。

ピッチ(足の回転)の速さは限界に近いので、ストライド(一歩の長さ)をいかに伸ばすかに重点を置いてきた。そのために、ジャンプ系の練習をやったり、筋力トレーニングをやったりしてきたのが良かった。

もう一つ。昨夏の世界選手権でケガをした影響で、その後の練習では50メートルや100メートルという短い距離を思い切り走ることができなかった。インカレの前は250メートルや300メートルといった長い距離を(大きなフォームで)走って調整していたので、ストライドが伸びたのだと思う。そういう意味では、新たな気づきもあった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
男子W杯アジア2次予選でカタールに勝利し、W杯出場を決め喜ぶ日本代表=共同共同

 長く世界の高い壁に阻まれてきたバスケットボール男子日本代表の2020年東京五輪出場が決まった。今年8月末に開幕するワールドカップ(W杯)のアジア予選を21年ぶりに突破。国際競争力を示し、開催国枠で4 …続き (3/31)

韓国戦でも八村(左)らがコートに入っただけで「雰囲気が変わった」と東野委員長=共同共同

 長らく五輪の舞台から遠ざかるバスケットボール男子の日本代表。29日から始まる2019年ワールドカップ(W杯)アジア1次予選の2試合で連勝しないと、20年東京五輪の開催国枠での出場も怪しくなる。ここま …続き (2018/6/26)

穏やかな表情で質問に答える桃田

 5月に開かれたバドミントンの国・地域別対抗戦、男子トマス杯。シングルスで6戦全勝し、日本の準優勝に大きく貢献した桃田賢斗(NTT東日本)が日本経済新聞の取材に応じた。7月、3年ぶりに出場する世界選手 …続き (2018/6/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]